HOME » 庭・エクステリアの基礎知識 - 外構工事とは? - » 費用別に見る。外構工事でできること・できないこと

費用別に見る。外構工事でできること・できないこと

エクステリアのリフォームや新築での外構工事には、どの程度の費用がかかるのでしょうか。費用別に、施工ができる工事内容や範囲をまとめてました。また、見積書を確認するときに注意すべき「費用に関するポイント」を紹介します。

外構工事は費用によってできることが大きく異なる

外構工事を業者へ依頼する前に考えておかなければならないのは、予算と希望がきちんと見合っているか。駐車場や庭など広い敷地の工事には、地盤の改良や残土処理などが必要なケースもあり、思いがけず費用がかさむ場合もあります。工事の規模とそれに見合った費用相場をあらかじめ知っておくと良いでしょう。

費用別の施工例をまとめましたので、参考にしてみてください。

○100万円以下

  • 隣家との境界フェンス設置
  • 駐車スペースのコンクリート舗装
  • カーポートやカーゲートの取り付け
  • ウッドデッキの設置
  • 玄関前に門塀設置など

○100万円~200万円

  • 玄関前の植栽とアプローチの工事
  • シェードやパーゴラ付きのウッドデッキ、テラスなどの新設
  • 駐車場の舗装及び玄関周りをトータルで行うオープン外構工事など

○200万円~300万円

  • 門と門扉、外壁などのクローズ外構工事
  • タイル張りや植栽などで凝ったデザインのテラス、駐車場などの舗装

○300万円~400万円

  • 庭全体のイメージを変えるリフォーム工事
  • アプローチ、ガレージ、外壁、門柱などトータルで行うクローズ外構工事
  • 車3台以上の広い敷地の駐車場工事など

○400万円~500万円

  • タイル張りや植栽に凝ったデザインのアプローチや門、外壁のクローズ外構工事
  • 高低差のある敷地や特殊な敷地のトータル外構工事
  • 凝ったデザインのウッドデッキ、フェンスなどを含む、庭全体の工事など

○500万円以上

  • コンサバトリーやガーデンルームの設置などを含む庭全体の工事
  • プライベートプールの設置などを含む庭全体の工事など

一般的に言えることですが、予算を多くとった方が広い敷地や凝ったデザインの工事が可能となります。どこまで予算を出せるのか、どんなデザインにしたいのか考えた上で、業者に希望内容を相談しましょう。

工事費用で注意すべき“営業経費”や“仲介手数料”って何?

施工会社からの外構プランをチェックしたら、同時に見積書の内容もしっかり確認しましょう。総費用を見るだけでなく、内訳にも注目しなければなりません。

例えば、住宅の施工をした大手ハウスメーカーにそのまま外構も依頼した場合、仲介手数料を加算されることがあります。ハウスメーカーが直接外構工事を行うわけではなく、下請け業者へ工事を丸投げし、メーカー側が中間マージンを取っているからです。

ほかにも、大手のハウスメーカーでは営業経費や広告費用をかけているので、工事費用全体が高額になってしまう傾向にあり、注意が必要です。

メーカー傘下の業者はデザインの自由度が下がる

カーポートやフェンスなど、エクステリア商品を開発しているメーカーが、外構工事を請け負う会社を運営している場合があります。そのような施工会社へ依頼すると、メーカーの既存商品を取り付けるだけのプランニングとなり、デザインの自由度が下がってしまうことがあります。「門扉には○○番を」、「フェンスはこの○○番で」とカタログから選ぶことに終始して、我が家だけのオンリーワンデザインを実現することは難しくなるのです。

明確なデザインイメージを持っている場合は、実現してくれる業者を見極めましょう。

信頼できる業者を見極めるには?
エクステリア・外構工事業者の選び方>>

至高のエクステリア・外構工事特特集@東京
東京のエクステリア・外構工事業者2選