HOME » 庭・エクステリアの基礎知識 - 外構工事とは? - » 種類別に見る。外構工事のメリット・デメリット

種類別に見る。外構工事のメリット・デメリット

玄関前や建物周りの外構デザインは、家の顔とも言える重要なポイントです。周辺に壁や門を設けず、開放的な雰囲気に仕上げるオープン外構・見えないように壁で囲うクローズ外構・オープンとクローズの間のセミクローズ外構と、3つの種類別に利点と問題点を比較してみましょう。

見せるか見せないかの違いで3種類の外構タイプに分かれる

玄関・家の周辺のフェンス・門の外構デザインは、“家を見せるか見せないか”というポイントで3種類に分類することができます。

オープン外構 周辺に壁や門を設けず、言わば家がむき出しの状態で仕上げられたデザイン
クローズ外構 道路や隣家から見えないように、家の玄関や一階部分を隠してしまう外構
セミクローズ外構 オープン外構とセミクローズ外構の2つを組み合わせた方法

この3種類のタイプには、それぞれメリットとデメリットがあります。家の立地条件や、施主がどんな点を重視したいか、外構や家に求めるものは何か、などに合わせて選択できます。

オープン外構のメリットとデメリット

道路や隣家との境界線に、フェンスや門などを作らない開放的な外構デザイン。道路と違う素材の舗装や植栽を施して境界を示したり、低い樹木を植えるプランもあります。

【メリット】

  • 壁を設けないので、狭い敷地でも広く感じる
  • 風や光を取り入れやすい
  • 建材をあまり用いないので、費用を安く抑えることができる
  • 死角が少なくなり、防犯性が高められるケースもある

【デメリット】

  • 通行人や隣家からの視線が気になる
  • 簡単に侵入されやすい
  • 道路に面している場合は飛び出しに注意しなければならない

クローズ外構のメリットとデメリット

敷地内や建物が外から見えにくいように、境界線フェンスや塀、門扉を設ける外構デザイン。ガレージにシャッターゲートを設けるプランもあります。

【メリット】

  • 近隣からの視線を気にせず過ごせる
  • 簡単に侵入できないよう防犯性を高めることができる
  • 重厚で高級感がある住まいを演出できる

【デメリット】

  • 閉鎖的な雰囲気となりやすい
  • 敷地が狭い場合は圧迫感がある
  • 侵入者が隠れるスペースが生まれやすい

セミクローズ外構のメリットとデメリット

境界にフェンスや塀を設けていても、低めに抑えたり隙間を設けて開放的な雰囲気を残した外構デザイン。玄関前はクローズで、駐車場はオープンにするなど部分的に分けるプランもあります。

【メリット】

  • 部分的にプライバシーを守ることができる
  • 門や塀でデザインを楽しむことができる

【デメリット】

  • 防犯性もプライバシーの確保も中途半端になるケースが多い
  • オープン外構よりは費用がかかる

それぞれのメリット・デメリットを把握した上で、玄関デザインを考えましょう。もちろん、業者によって得意デザインは異なるので、施工例を見て比べることも重要です。

希望の外構デザインが見つかる?
門まわりの施工例を見てみる>>

至高のエクステリア・外構工事特特集@東京
東京のエクステリア・外構工事業者2選